学校教育支援事業(出前講座)

 

  あいち健康の森健康科学総合センター(愛称:あいち健康プラザ)では、愛知県からの委託を受け、あらゆる世代に向けた健康づくりの実践及び普及啓発を推進しています。

 その一環として、県内の小中学校等からの支援要請に応じて学校に出向き、児童・生徒・保護者の方々へ健康づくりの大切さ(健康教育)を普及する学校教育支援事業(出前講座)を実施しています。

 当センターが展開する健康教育では、科学的な情報やデータを用いて、分かりやすく、楽しく、心に残り、子どもたちが自分で考え、生きていく力につながる内容を目指しています。

 

  【低学年(1~3年生)向け】

   「なぜ?どうして?」という疑問とその理由をみんなで考えながら、イラストを中心とした

   資料でわかりやすく解説します。

 

  【高学年(4~6年生)向け】

   事前に実施する生活習慣アンケート調査結果等を活用し、より自分のこととして捉える

   ことで、健康的な生活に対する意識を高められるよう解説します。

 

    【中学生向け】

   科学的に証明されているデータ等の引用、生活習慣アンケート調査結果の提示等により、

   健康的な生活習慣の重要性を認識し、日常的な行動につながるよう授業を進めます。

 

 

 

〇2019年度 学校教育支援事業(出前講座) 募集要項・申込書

 

〇2019年度 学校教育支援事業(出前講座) 健康教育内容一覧