7月29日(土)に健康科学教室「水の科学実験」~水中エレベーター・マーブリングうちわづくり~を開催しました!

 

  

 

水に関する実験を通して、水の性質や水の大切さについて知りました!

 

 

 

 

 

まほうの水にさわると?!

 

 

 

 まほうの水の正体は酢酸ナトリウム水溶液で、水と違って触ると58℃で固まることがわかりました。

 また、水の性質についても学びました!

 

 

 
 

水に浮くのはどれ?どんな形?

 

 

 

 粘土やビー玉、木などを水に入れて、水に浮くかどうかを探りました。

 粘土はどんな形なら水に浮くかを考えながら、何度も形を変えて挑戦しました!

 

 

 

 

水中エレベーター  

 

 

 

 ペットボトルの中にいる魚を、どうしたら動かすことができるのか探りました!

 また、クイズを通して、わたしたちの体にとって水がとても大切であることを学びました。

 

 

 

 

 

マーブリングうちわづくり

 

 

 水の上に特別な絵の具を落とし、つまようじで混ぜてから和紙を染めました。

 世界にひとつだけの素敵なうちわが完成しました♪

 

 

 

 

 

 

次回の健康科学教室は、8月26日(土)「ウキウキ!風のパワー」~風船で科学実験・オリジナル空気砲づくり~です。

現在、満員となっております。
お問い合わせは健康科学館受付まで(0562-82-0211)