Vol.111(2007年1月2日配信)

あいち健康プラザEニュース Vol.111(2007年01月02日)

 あいち健康プラザEニュースは、手軽に役立つ健康情報とあいち健康プラザ
の情報を皆さんにお届けするため、月に2回(毎月1日及び16日前後)発行
するメールマガジンです。

Vol.111の内容

☆ 健康づくりと生活習慣病予防こぼれ話61
「坪田流抗加齢法」
健康科学総合センター長 富永祐民

☆ 健康一口メモ
  「今年の健康目標に『よく噛むこと』を掲げてみませんか。」
   健康科学総合センター健康開発部 管理栄養士 大野千秋

☆ あいち健康プラザのイベント情報

☆ 健康開発館だより 
  「今年こそ、プラザの教室へ」
   健康科学総合センター健康開発部 医師 村本あき子

☆ 情報ライブラリーのおすすめ図書
  1月のテーマ「からだを動かそう」
   健康科学総合センター健康促進部 櫛原照正 

☆ あいち健康プラザからのお知らせ 

☆ 編集後記

☆ 配信案内

======================================================================

☆健康づくりと生活習慣病予防こぼれ話61

 「坪田流抗加齢法」

  健康科学総合センター長 富永祐民

 俗に老化は「目、歯、魔羅」の順に進むと言われています。目の老化はもち
ろん、「老眼」のことですが、これは俗語で専門用語は「老視」だそうです。
老眼の本態は「加齢性の調節力の低下」ですが、個人差があり、一般には四、
五十歳頃から自覚することが多いようです。多くの人は「老眼は老化現象だか
ら仕方がない」とあきらめているかも知れませんが、慶応大学医学部眼科の
坪田和夫教授は2004年に日本評論社から「老眼をあきらめるな!目から始
まる不老の医学」と題する単行本を発刊して坪田流の不老法を紹介しておら
れます。坪田教授は眼科医ですから、本書で老眼(老視)、白内障、緑内障、
ドライアイ、黄班変性症などの目の病気や近視の手術のレーシックなどの最
新の治療法も詳しく解説しておられます。ここでは目の疾患と治療法は割愛し、
坪田流の不老術(坪田流抗加齢法)を紹介したいと思います。ちなみに、坪田
教授は眼科医である傍ら米国抗加齢医学会の認定医でもあり、不老学に関
する造詣が深く、自ら特有の不老術を実行しておられます。

【坪田流不老術(抗加齢法)のコツ】
 坪田教授は目の老化をはじめ、全身の老化はフリーラジカルによるところが
大きく、老化防止にはフリーラジカルの消去法を実行することが重要であると
考え、具体的には次の9項目(最初の5項目は基礎編、後の4項目は上級編)
を提唱しておられます。

(1)たっぷり水をとる(体内浄化のため):1日に2リットルを目標。
(2)深い呼吸:ゆっくりと腹式呼吸。
(3)睡眠を十分とる:1日7時間。
(4)適度な運動:筋肉トレーニングと有酸素運動とストレッチの三者併用。
(5)食生活の改善:部分より全体を、加工されていない食物、生きた食材、
   生きた土壌で育った食物を食べる。ただし、過食は禁物。
(6)サプリメント:ビタミンC、カロテン、ビタミンE、コエンザイムQ10、
ミネラル類。
(7)キレーション療法:EDTAの静脈注射。
(8)ホルモンケアー:性ホルモンDHEA、メラトニン。
(9)ストレスマネージメント:常にごきげんを選択、感動する。

 坪田教授はこれらを実行しはじめてから全身に活力がみなぎるようになり、
100歳はおろか、125歳位まで生きるつもりという意気込みで抗加齢術に励
んでおられます。紙面の制約で舌足らずになった部分が多くなっていますので、
関心がある読者は是非同書を購入して不老術(抗加齢法)にチャレンジして下
さい。坪田教授は2005年に宝島社から「みんなの若返り大作戦『不老』の方
法」と題する文庫本を発刊しておられますが、この内容は次号のE-ニュース
で紹介致します。



----------------------------------------------------------------------

☆健康一口メモ

 「今年の健康目標に『よく噛むこと』を掲げてみませんか。」
 
  健康科学総合センター健康開発部 管理栄養士 大野千秋

 新年明けましておめでとうございます。ご家族で食卓を囲んで、お正月料理
を楽しんでいますか。雑煮などのもち料理は、我が家伝統の味を大切にしてい
るところも多いようです。

 新春早々からカロリーの話はご遠慮したいとは思ったのですが、市販の切り
餅2個分は、ご飯1杯強あたりのエネルギーになります。でも、もちの独特な粘
りなどに惹かれて、つい食べ過ぎてしまうこともあるのでは。そこで、食べ過ぎ
防止の方法として、よく噛むことをお勧めします。

 消化吸収を助ける働きに加え、満腹中枢を刺激し、早期に満腹感が得られ
るため、ダイエットにも効果的です。

 餅は、噛めば噛むほど独特の甘みと香ばしさが広がる正月ならではのめで
たい食物です。家族一人ひとりが、自然の恵みに感謝しつつ、よく噛んでいた
だくことこそ、家族全員の健康増進に繋がるのではないでしょうか。



----------------------------------------------------------------------

☆あいち健康プラザのイベント情報

◇お正月は、健康プラザに行こう!◇
●年始イベント  平成19年1月2日(火)・3日(水)
 琴の演奏(両日)、抹茶の振舞い(本日)、書初めカレンダー(両日)、もち
つき実演(3日)、正月遊び(両日)など、お楽しみいただける行事がいっぱい
です!
 詳しくは、こちらをクリック!
 →http://www.ahv.pref.aichi.jp/hp/page000002600/hpg000002572.htm

◇NINJAになって、学校で自慢してみよう!◇
●健康科学館冬の特別展示「なりきり!忍者道場」
 ~平成19年3月4日(日)まで 好評開催中!
 忍者に必要なのは、知力・体力・集中力。
 キミも、忍者道場で修業しよう!!
 特別イベントとして、1月4日(木)・5日(金)は「みんなでチャレンジ!
玉入れゲーム」、1月14日(日)は「スポーツチャンバラ ~トーナメント
戦~」を開催!
 詳しくは、こちらをクリック
 →http://www.ahv.pref.aichi.jp/hp/page000002600/hpg000002569.htm



----------------------------------------------------------------------

☆健康開発館だより

 「今年こそ、プラザの教室へ」

  健康科学総合センター健康開発部 医師 村本あき子

 新しい年が始まりました。この時期、会食の機会が多くつい食べ過ぎたり、
寒いことも手伝って体を動かすことが少なくなりがちです。このごろおなか周
り(ウェスト)が気になる、ということはありませんか?

 最近、ウェストが健康状態と密接な関係を持つことがわかってきました。ウ
ェストが大きくなると、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の危険が
増すのです。そして、逆にウェストが縮むと健康状態が良くなるのです。ただ
しこのウェスト、洋服を選ぶときのウェストとは少し違って、「おへその高さで
地面と水平に、軽く息を吐きながら立位で測定する。」というルールがありま
す。

 あいち健康プラザでは、年間を通じて「体重コントロール教室」を開催して
います。教室では、参加される方が自ら目標を決め、その達成にむけて食事、
運動の両面から習慣の改善に取り組み、我々スタッフが一生懸命サポートし
ます。これまでの参加者について調べてみると、3ヶ月間の教室終了時には
ウェストが平均約3cm減少しています。すると血圧、血糖値、脂質に関する
データ、尿酸値などがそろって改善し、「体調がよくなった。」と実感される方
もたくさんいらっしゃいます。どうやら「ベルト穴ひとつ分ウェストが小さくなる
と、生活習慣病から遠ざかる。」といえそうです。

 「昨年はいていたスカート(ズボン)がきつくなった、何とかしなくちゃ。
でも一人だとなかなか続けられないんだよなあ…。」という方、特にお勧めで
す。
 
 今年こそ、プラザの教室にご参加ください!



----------------------------------------------------------------------

☆情報ライブラリーのおすすめ図書

 1月のテーマ「からだを動かそう」  
 
 健康科学総合センター健康促進部 櫛原照正 

 1月の情報ライブラリーのテーマは、「からだを動かそう」です。
 今号は、お正月のお休みが終わって、比較的すぐできそうなものをピック
アップしました。


・「ストレッチング」  高橋潤著(2000/12 新星出版社)
 サブタイトルに「誰にでもできるベーシックパターン」とついているように、
基本パターンの紹介のほかに、「日常生活の中でのストレッチ」編は、朝起
きた部屋の中で、出社途中の道で、電車やバスの中で、デスクワーク中の
イスを使ってなど、どこでも誰でもできる方法が紹介されています。

      
・「暮らしの中のピラーティス」
   アラン・ハードマン著 橋本佳子監訳(2003/10 産調出版)
 ハリウッドのセレブもやっていると日本でも知られるようになり、平成18年
の「あいち県民健康祭」でも紹介したピラティス。
 それほど広くないところでもできるので、リフレッシュするのにはちょうどい
いのではないでしょうか。
 家事中や、妊婦さん向けのページもあり、全編カラーページで紹介されて
いるので見やすくてお勧めです。


・「世界一なわとびピョンピョン強健法」 
             鈴木勝己著(1996/1 ハート出版)
 なわとびは小学生の頃、体育の時間や、公園でやった記憶はありますよね。 
 どこでもできる・いつでもできる競技ですが、健康スポーツとしての正しい
楽しみ方が書かれています。
 コンクリート上より木の上、靴も衝撃の少ないものを、など。
 また、怪我をしないためのストレッチの方法まで念入りに書かれていますの
で、面白くなって続けていったら、次のギネスブックに名前が載るのはあなた
かも?!


----------------------------------------------------------------------       

☆あいち健康プラザからのお知らせ

◇本日から、敷地内が全面禁煙です。◇
 あいち健康プラザでは、県民の健康づくりを総合的に推進する拠点施設とし
て禁煙活動をより一層推進するため、本日から敷地内は全面禁煙となってい
ます。
 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 なお、敷地内に設置されている灰皿は、撤去いたしましたので、ご承知おき
ください。

◇年始の営業時間のお知らせについて◇
 あいち健康プラザは、本日から営業しています。
 なお、各館の営業時間についての詳細は、ホームページを御覧ください。
 →http://www.ahv.pref.aichi.jp/hp/page000002600/hpg000002584.htm



----------------------------------------------------------------------

☆編集後記

 皆様、あけましておめでとうございます。
 2007年1回目のEニュースは、前々から使用してみようかと考えていた
アスキーアートの門松に、ほんの少しだけ手を加えたものを使用してみました。
 多少お正月気分を感じることはできると思いますが、いかがでしょう? 

 あいち健康プラザは本日から2007年のスタートです。
 今日明日が年始イベント、4日からは全館通常営業になります。

 早くからだを動かしたくてうずうずしている方も、今年こそは「何か体にい
いことを始めてみようか」と思っている方も、今年もあいち健康プラザは様々
な健康づくりのきっかけと実践の場を提供して行きたいといますので、是非お
越しください、
 

 「あいち健康プラザEニュース」へのご意見・ご要望をお待ちしております。

----------------------------------------------------------------------

☆配信案内

◇ご意見、ご要望はこちらまで 

◇送信の停止はこちらから


・最下段のボックスに登録メールアドレスを入力し、「オプションの編集」ボ
タンをクリックしてください。

・パスワードを入力し「退会する」ボタンをクリックしてください。

注:平成15年10月以前にご登録の方は、「私のパスワードを送って下さい」ボタ
ンを押してください。登録メールアドレスにパスワードが送られます。

◇登録メールアドレスの変更は、上記方法で退会処理をしていただき、再度、
入会処理を行ってください。

◇あいち健康プラザ:http://www.ahv.pref.aichi.jp/